ずば抜けた知名度ユーキャン!

社会保険労務士の通信講座の中でも、ずば抜けた知名度を誇っている会社にユーキャンがあります。

ユーキャンは、生涯学習を世に普及させることを目的として通信教育・通信講座に情熱を注いできた会社ですから、社会保険労務士受験に興味を持ちはじめたばかりの人たちも、よく申し込んでいるようです。

ここでは社会保険労務士の通信講座のひとつのモデルとして、ユーキャンに注目してみましょう。

ユーキャンで社会保険労務士を受講すると、勉強法はどうよくなる?

ユーキャンは通信講座専門の会社といってよいのですが、確かに通信講座に世間の資格取得希望者たちが望んでいるものをことごとく詰め込んでいることは間違いありませんね。

たとえば、ユーキャンではとにかく不特定多数の社会保険労務士受験者たちにとって重荷にならないような軽快さを心がけています。

費用があまり高くないこともそのひとつですが、教材をみるとそのお手軽さがひしひしと感じ取れます。

ユーキャンの社会保険労務士通信講座では、テキストもそれ以外の冊子(添削用の教材や過去問題集があるほか、会報やスケジュール冊子等が準備されています)もよく分冊化が進み、楽に手にとって読めるように計算されています。

難しい資格試験というと、何かと分厚い専門書と取り組むというイメージが持たれがちですから、そんな先入観を意識して取り払ったユーキャンの戦略は非常に成功しているといえるでしょう。

計量化は実務的な恩恵も多く、多忙な受講者たちがどこへいるときでも、すぐにめくれるテキストになっていることはとても実利的です。

まとめ

  • 初心者を、難しい社会保険労務士の勉強にうまく誘い込んでくれる
  • 持ち運べる教材が多くて、部屋の外でも勉強しやすい
  • 費用も通学講座と比べてだいぶ安く上がってくれる

ユーキャンで社会保険労務士を受講すると、スポイルされてしまう部分は?

ユーキャンの弱点は、おそらくはそのお手軽さの裏返しの面といってもよいでしょうか。

とにかく読みやすくつくられていますが、多少分量や難易度、それから専門性といった教材に求められるさまざまな要素がもうひと息足りないという印象をもたれることがあります。

(ユーキャン側もその弱点はだいぶ解消してきているようですが)

ユーキャンは長らくDVDやCDのような教材が手薄だといわれていましたが、最近はその点も改良しています。

WebやDVDを使って勉強できるようにしたり、あるいはオプションでCDをつけたり、資格取得講座の流れに対応するようになってきました。

ただやはり、まだ内容や分量が少なめで、付け焼き刃的な範疇にとどまっているという意見が根強いことは事実です。

まとめると

  • まだ最新式の機材を用いた教材の量や質がじゅうぶんではない
  • どんな初心者でも入りやすい反面、すべての受講者に満足される情報量とは限らない
  • 他の講座を、勉強を補う意味で使っている受験者も出てきている。
スポンサーリンク

広告