1~2回の受験で合格をめざすなら「素直にプロの指導を受ける」こと。
だから管理人は、通学講座もしくは通信講座の利用をお薦めしました。

では、この2つの学習スタイルには、それぞれどんなメリット・デメリットがあるでしょうか。
時間・予算のことなども念頭において慎重に選ぶ必要がありそうです。

学習のペースを掴みやすい


資格学校は、勉強する習慣を作りやすいのが最大のメリットです。
(毎日学校に行くので)挫折しにくいということです。

また教室では、ポイントを的確に教えてもらった上で、わからないところは、講師に直接質問できるなどの利点もあります。

しかし、どうしても受講費用が高額になってしまうことと、勉強する習慣を作りやすい反面、学習時間帯の制約を受けてしまうことは否定できません。

会社から学校までの移動時間なども計算しながら、慎重に選ぶようにしましょう。

好きな時間を選んで講義を受けられる


通信講座のメリットは、いつでも好きな時間を選んで、通学と同じように講義スタイルの学習ができることです。

また「何曜日の何時~」と時間割りを決め込んでいるわけではありませんが、通信講座でも個人の勉強スタイルに合わせてカリキュラムを提供している会社はあります(一例フォーサイト)。

スクールに通う時間がなかったり、地方に住んでいるなどのケースでも、提供された学習スケジュールにのっとって勉強を勧められるというメリットがあります。

講義の比較


通学講座と通信講座の比較ということで、「講義」にしぼった解説をします。
資格の学校なら「教室での生の講義」、通信講座では、DVD、CDなどの視聴覚教材ということになります。

管理人は、社労士、いや国家資格の初学者の方には、以下のことをしっかり理解してほしいと思っています。

それは、
「資格の学校の講師には当たりはずれがある可能性がある。 」
「通信講座の講師は、まず例外なく教えるのが上手い」
ということです。

サービスのシステム上、通信講座の講師は、一人で全国の受講生を教えることができます。
従って提供会社は、人選に人選を重ねて講師を選び出すことができます。

しかし、特に全国の主要都市に教室を展開しているような資格学校にとって、そんな人選は無いものねだりなんですね。

一流老舗校といわれる学校の講師が、必ずしも教え方が上手いとはかぎらないことを憶えておいてください。

あと二行だけ加えます。

通信講座の講義は、優れた講師の授業を、たとえば暗記してしまうほど何度でも繰り返すことができます。
映像授業を繰り返す勉強法は、いまどんな世代にも浸透していますよね。

スポンサーリンク

広告