社会保険労務士は独学だと大変

社会保険労務士試験に独学で挑戦していた時、何と言っても

「重要ポイントをなかなか覚えきれない」

ことが最大の悩みでした。

どこをチェックすべきなのかは、だいたい分かるのです。
しかしながら、すべての知識を丸暗記するのはやはり限界がありましたね。

社会保険労務士独学の場合、知識の整理やそれらを覚える方法なども自分で対策を練らなければならないため、本当に大変です。

理由付けをして覚えよう!

試験対策上の重要事項をおさえるにあたり、特に大切だなと思ったことは「理由付で覚えるようにすること」でした。

「こういう背景からこういう制度が生まれた」「こういうことがあって改正された」など、一つひとつの重要事項には必ず何かしらの理由があります。

もちろん、合格することだけを考えるならば、そこまで深い知識は必要ないのですが、それでも裏づけがあって覚えるのとそうでないのでは、習熟度がかなり違ってくるように思うのです。

社会保険労務士独学では、なかなかこうした細かな知識を得る機会に恵まれないというデメリットがあります。

自分で情報収集するのには限界がありますし、何よりその手段を知らなかったりするわけですから、非常に効率が悪いです。

予備校や通信講座を利用しよう

また、どのポイントの背景をおさえておくのが良いのかなど、合格のためのコツのようなものも分からない状態ですから、なおさらです。

そういった意味では、予備校や通信教育の専門講座がかなり大きなアドバンテージになると思います。

もっとも、「社会保険労務士試験に独学で頑張りたい」と強いこだわりのある方であれば講座の受講など眼中にないでしょうが、短期講座などで苦手分野だけでも講義を受けるでも少しは違うかもしれませんね。

社会保険労務士の専門的な勉強は、独学ではかなり厳しいこともあるかと思います。

そういったデメリットをどのようにカバーできるのか、考えておくことも必要です。

スポンサーリンク

広告