[社会保険労務士] 仕事と年収

MENU

Links


社会保険労務士試験とはどのようなもの?

このページでは、社会保険労務士(社労士)試験はどのようなものか、試験科目や試験日程を追いながら紹介していきます。試験を攻略には、これから戦う相手をしっかりと知ることが大切です。このページを、計画的に勉強スケジュールを立てる一助としてください。

【受験資格】
◎社会保険労務士の受験資格には、多様な規定が定められています。下記はその代表的な受験資格です。
■学歴によるもの
(1)4年制大学で一般教養科目の学習が終わった方(在学中も方も含む)
(2)大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得した方
(3)短期大学又は高等専門学校を卒業した方
(4)就業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了した方
■資格によるもの
(1)司法試験予備試験に合格した方
(2)行政書士となる資格を有している方

高専・短大・大学を卒業されている方でしたら、なんら問題はありません。これ以外にも受験資格がありますので、必ず自分で受験資格があるかないかの確認をして下さい。

【試験科目】
社会保険労務士の試験科目は、下記全8科目です。科目は労働科目と社会保険科目の大きく2つに分類されます。

●労働科目
労働基準法及び労働安全衛生法
労働者災害補償保険法(労働保険徴収法を含む)
雇用保険法(労働保険徴収法を含む)
労働管理その他の労働に関する一般常識

●社会保険科目
健康保険法
厚生年金保険法
国民年金法
社会保険に関する一般常識

【出題形式】
「選択式試験」と「択一式試験」の2つがあります。
「選択式試験」は設問中の5つの空欄(A~E)に、20個の語群から適切なものを選択する形式です。一科目5問(各1点)・8科目で、合計40点となります
「択一式試験」5つの選択肢から正しいものを1つ選択する五肢択一式の試験です。7科目に分かれて出題され、1科目10問(各1点)、合計70点となります。

【合格基準】
●選択式試験
総得点25点以上かつ各科目3点以上(但し、労働基準法及び労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、厚生年金保険法は2点以上)
●択一式試験
総得点44点以上かつ各科目4点以上
※上記は第41回(平成21年度)試験の合格基準です。

【試験の結果】
推移は以下の通りです。
年度          受験者数           合格者数           合格率
平成18年度       46,016人          3,925人     8.5%
平成19年度       45,221人          4,801人     10.6%
平成20年度       47,568人          3,574人     7.5%
平成21年度       52,983人          4,019人     7.6%
平成22年度       55,445人          4,790人     8.6%
平成23年度       53,392人          3,855人     7.2%
平成24年度       51,960人          3,650人     7.0%
平成25年度       49,292人          2,666人     5.4%
平成26年度       57,199人          4,156人     9.3%

合格率7~8%台の試験は、他の国家資格と比べても難易度が高いほうだと言えるでしょう。

次のページ 難易度は気にしない
【PR】現役社会保険労務士のアノ人に突撃取材!気になる社会保険労務士の年収も??