[社会保険労務士] 仕事と年収

MENU

Links


創造的で人助けになる仕事

お勤めをしているみなさんには、少し意外に思われるかもしれませんが、社会保険の給付というのは、自動的に行われるわけではありません。 給付を受ける権利のある人が、自分から請求することではじめてもらえるのです。
たとえば近年、シルバー世代を積極的に会社に向かえ入れるために、高齢者雇用に積極的な会社には助成金が出されます。
しかしこの助成金制度にしても、もし経営者がそのことを知らなければ助成金給付の申請ができません。
でも社会保険労務士がその会社の顧問となっていれば、会社の環境をより良いものにするよう、事業主に対し、適切な手続きのアドバイスをするはずです。

冒頭にこのようなお話を申し上げたのは、社労士の仕事が、保険手続き業務など一般にイメージされているような受身的な仕事ではなく、提案ベースで会社の労働環境を改善する、創造的な仕事であることを、最初にお伝えしたいと思ったからです。 年金や労災保険にしても、働く人本人は知らないでいたものが、われわれ社労士の援助で支給される場面もしばしばです。

社労士の仕事は、創造的で、人助けのためにはなくては欠かせないものなのです!

社会保険労務士の仕事は、主に2つに分けられます。ひとつは社会保険関連の手続き、そしてもうひとつは労働関連の相談・指導業務です。
具体的には、下記の業務が中心になります。

  • 「健康保険」「厚生年金保険」「雇用保険」「労災保険」の加入・給付の手続き業務
  • 従業員の募集、採用、退職など、雇用についての相談・指導
  • 賃金管理についての相談・指導
  • 労働時間、労働安全・衛生についての相談・指導
  • 就業規則、給与規定・退職金規定などの作成、相談・指導
  • 企業内教育についての相談・指導
  • 人事管理、人事考課などの相談・指導

などです。

各種の保険の手続きや提出業務など定型的な業務もたくさんありますが(これが高い年収を維持するベースになります)、時には労使紛争当事者の調整に入ることもあるでしょう。

少し硬い言い方になってしまいましたが、つまりそれは「ウチの会社もフレックスタイムを導入してくれませんか」とか、「残業の時は夜食を支給してくれませんか」とか、働き手の側から上がってくる要望と、事業主の考えの間に私たちが入って、意見・主張を調整し会社の制度をより働きやすい環境に整えていくということです。

外から見ていると社労士は黒子のように見えるかもしれませんが、実際は、自分の意見をしっかり持って(専門知識があるので当然ですが)、自分の会社やお客様企業の潤滑油として活躍できるのが社労士です。
本人の実力と努力次第で、年収も大きく期待できる国家資格といえるでしょう。
みなさんもぜひ挑戦してみてください。

次のページ 社労士の試験情報
【PR】現役社会保険労務士のアノ人に突撃取材!気になる社会保険労務士の年収も??